電気機器の保守

  

1⃣1年に1回漏電検査

漏電のサイン

・ブレーカーが飛ぶ

・雨漏りが原因で停電

・ケーブルが焦げている

漏電の原因

①水に濡れる…水に濡れた電気機器やコードは電気を通しやすくなる。

②リレー等が劣化する…リレー自体は衰えるが、機械側の絶縁物も劣化していく。

③ケーブルの破損…過剰な電圧に耐久できない。ケーブルを束ねたり、角度をつけると変形したり、被覆が破れてしまう。導線が裸になる。

④建物の劣化…雨漏り等で機器が濡れる。

2⃣漏電チェック

〇クランプメーターを使用

→電圧・電流・メガなどで電気測定のための計測器を使い、

「負荷電流」と「漏れ電流」を測定する

3⃣電線端子のチェック

〇劣化原因…外気の湿気およびほこり等で大きな導通漏れが起き、機器の端子が焼ける。

経年によるビス等のゆるみが起きる

定期点検は電気事故を未然に防ぐことができる